【茨城の出会い体験】ハピメでバツイチの僕にも彼女が出来ました!

2月 15, 2019

水戸駅前
茨城での出会い体験の画像

茨城での出会いを投稿してくれた男性

 

投稿者 しんご(仮名)
年齢 36歳・バツイチ独身
地域 茨城県ひたちなか市
使用したサイト ハッピーメール
今回使った金額 サイト1,000円・デート代5,000円

 

 

茨城で出会えた女性

 

名前 かな
女性の年齢 28歳
職業 医療関係
体型 スリム
似ている芸能人 吉高由里子

 

茨城での出会い体験談

初めまして。私は茨城県ひたちなか市在住の36歳、仕事は営業のサラリーマンです。
現在はバツイチで、一年前までは彼女がいたのですが、お互いの休日が合わない事などが理由で別れてしまいました。二十歳前後の頃は出会い系などを何度か使っていたのですが、最近はめっきりご無沙汰でした。
しかし、あまりにも休日が退屈なのと、普通に生活をしていると同年代女性と知り合うきっかけがないので、出会い系アプリを使って、素晴らしい出会いの体験を報告させていただきます。

私が使った出会い系アプリは、「ハッピーメール」です。
なぜ、このサイトを使ったかと言うと、人気があり評判や体験談が良いからです。
人気があるアプリほど、茨城県のような地方都市でも、十分すぎるぐらいに登録者が多いと予想し、結果的には正にその通りでした。

 

茨城で女性と出会うまで

saza coffe
SAZA COFFEEの画像

ひたちなかのサザコーヒー本店:https://manimanimag.jp/a0345_20180219/マニマニマグより引用

ハッピーメールを使い始めて、最初は上手くいきませんでした。
これは今だから思うのですが、始めたばかりはメッセージを送っても連絡が来なかったり、来ても何度かやり取りをして終わってしまいます。
出会い系って難しい、と何度も思ったものです。
しかし、研究を重ねてプロフィールを分かり易くして、顔写真も公開し、さらに茨城県である事を最大限にアピールすると、地元の女性と何度もやり取りが続くようになり、その中の一人と実際に水戸駅で待ち合わせする事に成功したのです。

なぜ、彼女と会うまでトントン拍子で進んだかと言うと、ひたちなか市の地元には、サザコーヒーという有名なお店があります。そこに何度も通ったという話題で、彼女と盛り上がったのが大きいです。これにより、警戒心が解けたと思います。

ゆう太郎
出会い系に登録してみたものの、なかな返事が来ない・・
返事が来てもメールが続かない・・
という方も多いはず。これにはちょっとしたコツと慣れが必要です。
下記記事で詳しく解説していますので、気になる方はこちらをチェックしてみてください。

 

水戸駅で待ち合わせ

水戸駅改札口を出た目の前は、一種の待ち合わせ場所となっています。
ここなら、人も多く待ち合わせに最適だとして、お互いが納得したのです。土曜日の午後1時に約束し、流石に場所と時間をずらせば良かったと後悔をするほど、人が多く溢れていました。これだけ多いと、どこに彼女がいるのか分からなかったのですが、時間になり携帯に連絡が来て、無事に会う事ができました。

事前に外見や年齢を聞いていましたが、28歳の自己申告には到底見えない、とてもスリムで若い見た目の女性がいました。芸能人クラスと言うと、少しオーバーですが、それでも周囲の女性よりは数倍上の美しさがあります。こっちは、実年齢通りのオジサンなので、ちょっと恥ずかしいのと申し訳ない気持ちになり、目が合わせられないほどです。

コーヒー好きという共通点があるので、まずはどこかで少し飲もうと、駅ビルエクセル内のスターバックスに行く事にしました。そこで、仕事や趣味など一通りの会話をしました。
どうやら、地元は岐阜県なのですが、医療系の仕事の関係で現在は水戸で一人暮らしをしています。

私が出会い系に慣れていたら、きっと午後1時の待ち合わせをしなかったと思います。
と言うのは、コーヒーを飲んだのは良いが、その後の予定が何も浮かんでいなかったのです。本来は居酒屋やホテルへのコースが定番なので、実は私はとても困っていました。

この後は映画で時間を潰して、その後は居酒屋に行けるか、解散かと考えていると、向こうが車で来たのか訊いてきました。私は車で来ていたので、水戸駅近くのパーキングにあると言うと、ドライブに行きたいと誘ってきました。普通は男の役目だと思いつつも、積極的な彼女にかなり嬉しくなりました。

どこに行こうか悩むと、大洗水族館というリクエストをするので、そのまま向かいます。
向かう道中、車内では、私が土曜のお昼に誘ってくれたから、会う事を決心したそうです。
これが夕方や夜なら、その気が満々(からだ目当て)で拒否したそうです。結果として、私の出会い系経験が少ない事が、こんなに綺麗な人と知り合う機会をくれたのです。

その後は大洗水族館で、手を繋ぎながら魚を観賞し、他人からみれば恋人同士にしか見えないでしょう。
そして帰りは、コンビニで甘い物をいくつか買って、車内で互いに食べさせ合うという夢のような一日を過ごす事ができました。この日のデート代は、彼女と割り勘だったので、総額5000円も使っていません。

頭の中では、そのままホテルに行きたかったのですが、ここで行くのはダメだと自制を利かせ!
その代わりにまた会う約束をお願いしたのです。
彼女も了承してくれ、その後はサザコーヒーなどでデートを重ねて、現在の彼女になっています。

出会い系だからと遊び体験だけが目的の人もいますし、それもお互いが納得しているなら当然ありですが、私たちのような真剣な恋愛に発展する場合もあるのが、現在の出会い系アプリです。彼女が欲しいなら、真剣目的で使うのもおススメです。