返信率UP!出会い系でモテるファーストメッセージのコツとは

ひと昔前は怪しいイメージが強かった「出会い系アプリ」。近年はネットでの出会いに抵抗がない世代が多いからか、非常にメジャーなコンテンツとして多くの人に利用されています。
一見登録さえすれば、すぐにでも出会えるという印象がありますが、それは大間違いです。出会い系は女性会員に比べて、男性会員の割合が非常に多いので、少ない女性に対し多くの男性がアプローチを仕掛ける構図になります。
女性会員はモテモテですが、男性会員は激戦です。
そんな激戦の出会い系で女性と出会うために重要なのが「最初のメッセージ」です。

なぜ最初のメッセージが重要なのか

出会い系において女性会員はモテモテ状態なので、1日に何十通というメッセージを男性会員から受け取っています。
女性会員も暇ではないので、そのすべてに返信できるわけではありません。
殆どのメッセージは返信もされずに終わってしまうのが現実です。

だからこそ最初に誠実な印象を与え、他の男性と差別化できるようなメッセージを送ることがとても大事なのです。

ファーストメッセージで心掛けること

ファーストメッセージでとにかく心掛けておきたいのは、「誠実さ」と「信用」です。
企業のキャッチコピーみたいになってしまいましたが、これがホントに大事です。
ネットからの恋愛に慣れていない女性は、まだまだ出会い系に怪しいイメージをもっています。
恐る恐る登録したなかで、最初からイケイケのチャラい男性からメッセージがきたら、男性の私からみても恐怖です。

故にファーストメッセージでは誠実な雰囲気をだし、こちらの情報を与え、信用してもらうことが一番大事なのです。

 

どんな女性にメールを送る?

プロフィールから選ぶ!出会い系で実際に出会える女性の特徴とは?

 

女性から嫌われるファーストメッセージ

短文での挨拶のみ

「こんにちは」、「よろしく」という挨拶のみのメッセージは話題が広がりにくいのでオススメしません。何より、殆どの男性会員のファーストメッセージがこのような一言挨拶なので、他のメッセージに埋もれて、返信してもらえる確率が低くなります。

出会い系ユーザーの女性友達に、出会い系のメッセージ一覧を見せてもらったことがありますが、「こんにちは」、「宜しく!」だらけでした。これでは女性も「はい、こんにちは」としか返信しようがありませんし、興味もそそられません。

「2回目のメッセージで話を広げるつもりだったのに」という声もありそうですが、ファーストメッセージが淡泊すぎると、そもそも返信が返ってこないので、本末転倒な結果になってしまいます。

連投

ファーストメッセージから少し時間が空いたからと言って、相手の返信が来る前に次のメッセージを送るのはNGです。「しつこい男」だとか「女々しい男」という印象を与えてしまいます。
私は、返信が来なかった場合は、縁がなかったとキッパリあきらめるようにしています。

馴れ馴れしい

いきなりタメ語であったり、最初からデートの約束をしようとするのもアウトです。「不誠実でチャラい男」という印象を与えます。女性にしても、距離を縮めるペースというものがあります。最初から馴れ馴れしくされると不快に思う方も多いです。ファーストメッセージはあくまで誠実に、一定の距離間をもって送るべきでしょう。

自己アピールのみ

ファーストメールから10行以上の長文で自己アピールをしてしまう人もいますが、これもNGです。
報が多すぎてどこから話題を広げれば良いかわからないですし、女性側にも「長文で返信しなきゃ」とプレッシャーを与えてしまいます。自分のことは、メッセージのやり取りの中で、徐々に知ってもらえばいいのです。
自己紹介の過程で、自分の長所をアピールしすぎるのも、「ナルシスト」とか「自己顕示欲の塊」という印象を与えてしまうのでオススメできません。

返信されやすいファーストメッセージのポイントとは

敬語を使う

ファーストメッセージの大原則は、「誠意を見せること」です。内心は下心まみれでも全然かまいませんが、メッセージでは誠実さをアピールした方が良いです。そのためにも仲良くなるまでは、例え年下相手であっても敬語を使うべきです。
十分に仲良くなったと感じたら、「よかったらタメ語でどうぞ!」と提案してみるのが良いでしょう。

がっつきすぎない

出会いを求める気持ちが強すぎて、ついついがっついてしまう人が多いですが、出会い系では余裕を持ったメッセージの方が返信率が高いです。一般的な女性会員は、警戒しながらも、恐る恐る出会い系に登録しています。最初のメッセージから住所を聞かれたり、連絡先の交換をせがまれるのは恐怖以外の何物でもありません。使えるポイントにも限りがあるので焦る気持ちはわかりますが、焦らず、徐々に距離を縮め、十分に信頼関係を築いてからお誘いするのが良いです。
あくまで最初は趣味の話や世間話を交えてお互いのことを知るためのメッセージを送るべきです。

共通点をつくる

相手との共通点をつくることで親近感を高める「ミラーリング」という心理学的手法があります。個人的に、出会い系においてはこの「ミラーリング」が最も重要だと思います。

ファーストメッセージでは、相手との共通点をつくれるような質問をするべきです。そこでオススメなのが「相手の趣味について聞くこと」です。もし趣味が共通していれば、「ミラーリング効果」で心理的距離間を縮めることができますし、会話も盛り上がります。共通の趣味があれば、初デートの理由をつくることもできます。

仮に趣味が全く合わない相手だったとしても、相手の趣味に興味を持って詳しく知ろうとすれば、相手も嫌な気はしません。「僕もハマりそうなので詳しく教えてほしいです!」と距離を縮めることも可能になります。

「開かれた質問」をする

YES,NOや単語で答えられる質問(閉ざされた質問)は控えるべきです。
出会い系では女性会員は完全に受け身の姿勢。
完全に打ち解けるまでは、女性会員から積極的に質問してきたり、盛り上げようとしてくれることは稀です。
受け身の女性に対し、閉ざされた質問をしてしまうと、当然のように「YES」か「NO」の返信しか来ません。
全く盛り上がりませんし、こちらも会話を広げづらくなります。
会話を盛り上げるために、メッセージでは「腹かれた質問」(YES,NOで答えられない質問)をすることを心がけましょう。

例えば「●●は好きですか?」(閉ざされた質問)にたいしては「はい、好きですよ」という返信が来て会話が終わってしまいます。

しかし、「休日はどのように過ごしているんですか?僕は○○するのが好きです!」
と開かれた質問をすれば、相手も返信しやすく、その返信から更に会話を広げていくことが可能になります。

まとめ

・誠実さをアピールして信用度を高める
・短文挨拶のみはNG
・連投はNG
・慣れ慣れしすぎるのはNG
・過剰な自己アピールはNG
・敬語をつかう
・がっつかない
・共通点をつくる
・「開かれた質問」をする