【最新版】出会いの無い田舎だからこそネットで彼女を作る方法が最速!

1月 30, 2019

田舎の風景

出会いの無い田舎だからこそネットで彼女を作る方法が最速!

「俺の住んでる所は田舎だから出会いがなくてよ・・・」

 

「最近周りのヤツらも結婚して、合コンも無くなってきたな・・・」

 

「出会い系ってあるけど、会えるのなんて東京の話しだろ??」

 

「こんな田舎じゃぁ、会える訳ねぇーよなぁ・・・」

もしも、こんなふうに思っているとすれば、それは大きな間違いです!

管理人が住んでいるのも大都会、東京ではありません。
東京からは300kmも離れた地方都市です。
周りを見渡せば、田んぼや畑が広がり、交通手段と言えば自家用車がメイン。
飲みに行くにも、一度帰って車を置いてくるか、帰りは代行。
こんな田舎に住んでいても、私は今までに何人もの女性と出会い系で会ってきました。
人妻・OL・女子大生・専門学校生・フリーターに、時には熟女(笑)

田舎だから出会い系サイトで会う事ができないのでしょうか?

それは、違いますね!

田舎だからこそ、出会い系で会うチャンスが多いと私は感じています!

それでは何故、出会いの機会が少ない田舎なのに、出会い系では会える確率が高いのか、順を追って説明してい行きましょう。

この記事で分かる事

 

・出会い系サイトという選択肢が田舎では最強

→出会い系サイトのメリットデメリット

 

・田舎で男女が出会うきっかけとは?

 

・田舎で出会いの機会が少ない理由

 

・田舎での積極的な出会いとは?

出会い系サイトという選択肢

メールする人

「出会い系で会えるのなんか東京だけだろ?」
と、思っていませんか?
確かに、東京や大阪などの大都市部のほうが圧倒的に登録人数が多いので会う事はできます。
しかし、地方でも出会い系サイトで会う事は十分可能です。

出会い系サイトのメリット

POINT・出会いを求める人が集まっている
・時間を気にする事なくいつでも出会いの機会がある
・コストパフォーマンスが抜群に良い
・普段出会う機会の無い相手と出会える

 

出会いを求める人が集まっている

いくら人が多く集まるイベントがあっても、そこに出会いを求める人達が居なければ何の意味もありません。
出会い系に登録する人の多くは、男女の出会いを求めている人達です。
つまりそういった、人たちにいかに多く会う機会があるか!
それがその後に恋愛に発展していく鍵となります。出会い系は正に最高の出会いの場と言えるでしょう。

時間を気にする事なく、いつでも出会いの機会がある

年に1回のお祭り、花火大会、月に1度の街コン。
あなたは、その少ないチャンスで彼女をゲットする事ができますか?
仮にこの機会が10倍あったら、彼女をゲットできる可能性も10倍になるとは思いませんか?
出会い系では、365日、24時間あなたにこのチャンスがあります。
家に居ても、仕事しながらでも、気になる相手に連絡を取る事が出来ます。
しかも出会い系サイトは、1つだけではありません。

管理人が10年以上使っていて実績もある、老舗優良サイトだけでも4つもあります。
とりあえずこの4サイトを押えておけば間違いありません。

コストパフォーマンスが抜群

婚活パーティーの1回あたりの参加費は、男性で5,000円~7,000円くらい
合コンの1回あたりの平均予算は4,000円~6,000円くらい
さらに、お金と同時にあなたの貴重な時間も使われる事になります。
対する、出会い系はというと・・・
相手のプロフィールを見る(0~10円)
相手へメールを送る(50円)
相手からのメール確認(0円)
掲示板へ投稿する(各ジャンル1日1回無料)
時間(いつでも暇な時)

普段出会う機会の無い相手と出会える

普段の生活の中で出会うとすれば、必然的に同年代が中心となりますよね?
出会いを求める人の中には、年上が好きだったり、年下が好きだったりとその好みはいろいろとあるはずです。出会い系サイトには18歳以上の出会いを求める人達が登録していますので、年齢や職業なども様々です。

出会い系サイトのデメリット

POINT・少なからず援デリ業者も存在する
・会う気の無い女性もいる
・出会い系サイトというハードル

少なからず援デリ業者も存在する

デリヘル業者が出会い系を使って、男性ユーザーに対して女性との性的交渉を持ち帰る場合もあります。
ですがこの手のやり方は、使っている方も完全に分かります。
一般女性とはプロフィールや、メールの内容が違いますので100%見破る事が出来ます。
ではなぜ、こんなバレバレなのに、援デリ業者は存在しているのかと言うと、それを理解した上で、援デリ業者を使っているユーザーも居るという事なのでしょう。

会う気の無い女性もいる

出会い系に登録する女性に中にはCB(キャッシュバッカー)と呼ばれ、キャッシュバックポイント目当てに、
エッチな画像を投稿したり、メールをしたりする人もいます。
これも、投稿内容が過激だったりいかにもCBだと分かりますので、そういう女性は相手にしない方が賢明です。
そして「日記利用の目的で登録しました。出会いは求めてません」という女性もたまに居ます。
この手の女性は、最初は確かに日記が目的だったかも知れませんが、お互い仲良くなっていくにつれて、
「ちょっとだけなら、会ってみようかな」と心変わりしてくる女性もいます。
因みに、管理人は日記利用の女性からコミニュケーションを重ねて会う事に成功した過去があります。
そしてその彼女とは半年間付き合いました。

出会い系サイトというハードル

出会い系と言うと、以前まではなんだか騙されお金を取られちゃうんじゃないか?とか
個人情報が盗まてて、後で知らない所から勧誘の電話が来たりするんんじゃないか?とか
いろいろとダークなイメージがありましたよね?
これも結局は、事実と異なる部分が大半で、10年以上前から出会い系サイトを使いまくっている管理人でも、今までに一度たりとも騙された事も無ければ、変な勧誘の電話がかかって来た事も無いですし、怖いお兄さんにお金を取られる事も全くありませんでした。
10年以上経って、今でも当時使っている出会い系サイトを使っている訳ですが、悪質な出会い系サイトは淘汰され、法令を遵守し、セキュリティー管理がしっかりとされた、顧客満足度が高い出会い系サイトのみが、今でも生き残っていると言う印象ですね!
ここ数年で出会い系サイトに対するイメージはガラリと変わり、今の若い世代では出会いの1つのツールとして認知されてきました。
さらに親世代にのもその動きは高まり、ある調査によるとこのようなデータも

親世代40.6%が出会い系・マッチングサービスで結婚「抵抗ない」
マッチングサービス『ハッピーメール』を運営する株式会社アイベックは、10代(18歳以上)~60代の男女1289人(未婚・既婚問わず)に対し、出会い系・マッチングサービスの意識調査を実施。親世代の35歳~69歳では、40.6%の人がマッチングサービスでの結婚に抵抗がないことが分かりました。
引用元:プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

 

田舎で出会いの機会が少ない理由

都会に比べて、田舎では圧倒的に出会いの機会は少なくなります。
夜の8時を過ぎると、駅前と言えどもほとんどの店のシャッターが閉まり、9時にもなれば歩いている人の姿はほとんど見かける事はありません。
そして、家に帰ればテレビを見るか、ゲームをするくらいしかやる事はなく、一日が終わっていく・・・。
休日はパチンコかイオンが定番のコース。
ちょっとした事でもすぐに噂になり、昔から続く慣例や文化が色濃く残り、人と人とのつながりがとても強い。
これが田舎の実態です。

このような環境の中で、まず出会いの入り口となるきっかけが圧倒的に少ない。
田舎で普通に生活していて、まず出会いのきっかけとなるのが「職場」。
この職場に若い女性が居なかった時には、出会いのきっかけの80%を失ったと言っても過言ではないでしょう。

次に、可能性があるとすれば「趣味」。
「趣味で草野球チームに入ってます!」と言っても、野球は、ほぼ男性のみなので大半の時間を練習と、打ち上げの飲み会で男同士の付き合いとなってしまうでしょう。

趣味の活動をする際には出来るだけ、男女で出来るものを選ぶと良いでしょう。

田舎の男女が出会うきっかけは

POINT・お祭りや花火といったイベント
・田舎と言えばバーベキュー
・同窓会・地元民が良く行く行きつけの飲み屋
・その他

それでは、職場や趣味の他に、積極的に出会いの場を求めた場合、田舎にはどのよなものがあるのでしょうか?

御祭りや花火といったイベント

これは確かに多くの人が集まりますが、彼氏彼女の居ない者にとってみると逆に辛いような気もします。
更に年に数回、夏の時期にしか無いと言うのもありますね。

田舎と言えばバーべーキュー

田舎の夏と言えばバーベキュー!人が集まればバーベキュー!
べーべキュー会場はもちろん家の前。
男女が集まりお酒も入れば、自然といい感じにもなってきますね。
でも、これも夏の時期に限定されるのと、何よりも仕切ってくれる幹事的な人が居ない事には始まりません。

同窓会

これも男女の出会いのパターンですね。
これは、都会も田舎も関係なく開催頻度が少なすぎます。
数年に1度のチャンスに焦点を合わせるのは非現実的でしょう。

地元民がよく行く行きつけの飲み屋

週末の夜ともなれば、田舎の若者も飲みに出かけます。
偶然隣に居合わせた女子グループとの出会いもあるかも知れません!
お金の事を考えなければ、毎週でも毎日でも行けますが財布が心配です。
そして、田舎の公共交通機関は夜動いていませんので、帰りはタクシーになってしまいます。
さらに田舎には、上下関係に厳しい怖い先輩が居ます。
地元民が行きつけの飲み屋には、大抵こういう先輩が付つきものです。

その他に人が集まる場所

イオンかパチンコ屋・・・
最終的にここに戻ってきます。
しかし、ここに多くの人が居たとしても「出会いを求める人」の可能性は極めて低いです。

もっと積極的な男女の出会いは田舎に無いのか?

POINT・街コン

・婚活パーティー

・お見合い

ここで重要な事は、出会いを求める男女が集まる場所に行く必要があるという事です!
ここでは、もっと積極的な男女の出会いの場面について考えてみましょう。

街コン

数年前は、私の住む街でも数百人規模で大々的に行われていましたが、今はやっているのかどうかも分からないくらい下火になってしまいました。
あまりにも規模が大きすぎて、楽しく飲んで終わるみたいなイベントになってしまったのではないでしょうか。大規模なイベントよりも少人数制のイベントの方がマッチングする確率は高いですね!
ちなみに管理は、この小規模イベント(男女10対10)に参加して、2回お持ち帰りした事があります。

婚活パーティー

街コンよりも、さらに恋愛を真剣に考える人達を集めたものがこの婚活パーティーです。
お互いの自己紹介をしたり、フリータイムでお話しをしたり、約1時間~2時間過ごします。
最後に気に入った人の番号を書いて、お互いにマッチングすれば見事カップル成立となり、連絡先を交換します。ここではこの短時間に、お互いがマッチングする必要があります。そして他の人の連絡先を聞く事は出来ないので、極めて効率が悪いのが欠点です。
管理には、この婚活パーティーにも参加済みです。
5回くらい参加してマッチングしたのは1回のみでした。

お見合い

どうやってやるのか分かりません・・・。
強烈なコネクションを持つおばちゃんが、案件を持って来るようなイメージですが、さすがにこれは経験ありません。

ここで言う最大の欠点と言えば、「街コン」と「婚活パーティー」は参加費がメチャクチャ高いという事です。
特に婚活パーティーは、ソフトドリンクしかない1時~2時間で男性は6,000円~7,000円も取られます。
そしてマッチングしなかった時には、さみしく1人かえると言う何とも空しい気分になります。

お見合いに関してもよく分かりませんが、知り合いのコネクションによるもので、何とも言えないプレッシャーがハンパなさそうです!

まとめ

田舎だからこそ、出会いの機会を出会い系サイトに求めるべきです。
多少のデメリットもありますが、回避できるデメリットである事と、今の出会い系サイト、マッチングサイトに対するイメージは一昔前とはガラリと変わったものになっています。
誰になんと言われようが、出会って幸せになった者の勝ちです!
このインターネットが主流の時代に、ネットを使った出会いをしない理由がありますか?
ひと昔前に、メールやLINEで画像を送信してマッチングする事や、そこから発展して結婚するカップルもいる事など想像する事ができましたか?
この流れは、これからもますます進んでいく事が想定されます。
出会いの環境が少ない田舎に住んでいたとしても、インターネットは24時間動き続けています。
そこには今でも、出会いを求める人たちがパートナーを探しているはずです。

あなたが、出会い系をきっかけに良い人に巡り会い、楽しい人生を過ごせる事を願っています。